価格が安い種類は?フォトブックをなるべく安く作る方法

フォトブックを安く作れる種類

記念に撮った写真を集めてフォトブックにしたいけれど、できるだけ安く仕上げたいと考えたらまずは安く作れる方法を知っておくことが大切です。フォトブックの作成を業者に依頼するときには種類を選べますが、比較的安いのはソフトカバーのものです。ハードカバーの方が丈夫で質感もあり、長持ちしやすいというメリットもあるので、そこにコストをかけて良いかどうかはよく考えましょう。また、サイズとページ数によっても大きく費用が変わります。文庫サイズ、A5スクエア、A5といった形で大きくするほど高くなり、ページ数を増やすとさらに高くなります。写真のサイズを考えて、うまくレイアウトできるようにフォトブックのサイズを選ぶことが重要です。

コストを下げるための二つの方法

フォトブックを作るコストをできるだけ下げたいと考えたら二つの方法を検討しましょう。一つ目はレイアウトを全てデータ化してから業者に送るという方法です。レイアウトを業者に任せるとかなり費用がかかってしまいます。業者側が指定しているツールなどを使ってレイアウトを自分で作成するのが重要で、他のものを使うとやり直しになるか別途で費用がかかるもしれないので注意しましょう。もう一つは価格比較を行うことです。業者によって同じサイズとページ数のフォトブックでも費用設定が異なっています。価格表を比較してできるだけ安く行ってくれる業者に依頼するのが良いでしょう。品質も確認した上で依頼した方が出来栄えで悩むことがありません。